Loading...

映画『オートマタ』

1960年生まれ。82年、ペドロ・アルモドバル監督『セクシリア』でデビュー。92年『マンボ・キングス/わが心のマリア』にてハリウッド・デビュー以後、『フィラデルフィア』(93年)、『愛と精霊の家』(94年)、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(94年)など注目作に立て続けに出演。95年の主演作『デスペラード』の大ヒットを受け、スターとしての地位を確立。以降、『エビータ』(96年)『ポワゾン』(01年)『レジェンド・オブ・ゾロ』(05年)など出演作多数。最新作は『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』。また、監督作に『クレイジー・イン・アラバマ』などがある。96年に、メラニー・グリフィスと再婚したが、2014年に離婚。本作では、制作プロデューサーにも名を連ね、グリフィスとも共演を果たしている。
ジャックは内心、自分の生きる世界に不満を抱えている。そして、妻の妊娠をきっかけに、この不満がさらに増幅していく。
世界を憎んでいるジャックは、子供を誕生させることに消極的なんだ。
デンマーク出身。デンマーク国立演劇学校で学び、母国デンマークでは映画やテレビ番組など、幅広く活躍。政治サスペンス『コペンハーゲン/首相の決断』に出演し、世界的な評価を得る。
2007年、ロンドンのケンブリッジ劇場で上演された『シカゴ』でロキシー・ハート役を演じた。今、注目の若手女優。
たとえ世界が暗く、生きづらい場所だとしても、レイチェルは未来への希望を捨てない。彼女は控えめだけど、とても強い女性だから、夫はありのままの自分を出して、悩みを吐露することができる。
レイチェルは家族を支える存在なの。
1957年ニューヨーク出身。ハリウッド・プロフェッショナル・スクールで演技を学び、17歳の時に『ナイトムーブス』で映画デビュー。81年にNYにわたり、演技を学び直し、84年に『ボディ・ダブル』でセクシーなポルノ女優を演じて注目された。88年、大ヒット作『ワーキング・ガール』で鮮烈な印象を残し、アカデミー主演女優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞を受賞した。03年には、「シカゴ」のロキシー・ハート役でブロードウェイ・デビューを果たす。主な映画出演作に『サムシングワイルド』(86年)、『愛に翼を』(91年)、『ノーバディーズ・フール』(94年)、『狼たちの街』(96年)、『あなたに逢いたくて』(96年)、『アナザー・デイ・イン・パラダイス』(98年)。
この手の映画で演技をするのは面白いし、テンションが上がるわ。
豪華な衣装みたいなものはないけど、セットのあちこちに触ってみたくなるような目新しい機械があるの。素晴らしいセットだわ。
1961年コネティカット州出身。フォーダム大学の演劇科を卒業後、ネバーフット・プレイハウスにて演劇を学ぶ。87年『ハンバーガー・ヒル』で映画デビュー。『マグノリアの花たち』で名優に囲まれながらも存在をアピールして注目され、『ザ・シークレット・サービス』でもイーストウッドの相棒役を演じた。大ヒットTVシリーズ「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」では主演のボビー・ドネルを演じ、ピープル誌の世界でもっともセクシーな100人にも選ばれた。最新作は、ミラ・ジョボビッチ主演の『サバイバー』(15年)。
チンパンジーから人へ、そして今度はロボットに自我が芽生えるという進化のあり方は、非常によくできた脚本だと思うし、この映画には詩的な美しさや優れたメタファーがある。非常に独創的な映画だし、独創的な映画を作るのは非常に難しいことだ。
1967年に『禁じられた情事の森』で映画デビューして以来、100本以上の映画に出演。クエンティン・タランティーノ監督『ジャッキー・ブラウン』でマックス・チェリー役を演じ、アカデミー賞に助演男優賞にノミネートされた。その他の代表作には、『アリゲーター』(80年)、『エイリアン・コップ』(90年)、『サイコ』(98年)、『ファミリー・ツリー』(11年)、『サバイバー』(15年)など。
ボールドは、少し頭の固いところがあり、プログラムに固執し、物事の変化を受け入れられない。この映画は、最初に木から降りた猿の話のようなもの。賢さを身につけた猿は、木から下りて地面に留まり、自分の身を守っていこうとする。これが、人類の始まり。僕らの映画では、さらに次の段階、これまでとは違う段階が描かれている。とても魅力的なストーリーだ。